2017年08月06日

修理状況、少し進んだw

フロントフェンダーの成形は終わり、表面処理中。
エア抜きの不備もあり気泡処理に時間がかかってます(´・ω・`)
7月最後の週末は、母が退院ということで高知に帰省。
空港のオブジェが鳴子に変わってたよ。
そろそろよさこい祭りだな。
PhotoGrid_1502021072542.jpg

週末前の金曜日は会社見学に娘が来たり、モモと体操したり。
PhotoGrid_1502021263804.jpg

土曜日は、フェンダーの表面処理とミラーのワンオフ台座の作成。
PhotoGrid_1502020880146.jpg

もう少し形を整えてパテで成形すればマスター完成だぜ!
ははは、先は長いな…

来月銀婚式なのだが、ネ申さんのお母さんがお祝いしてくれるというので、ご馳走に預かりました!
巨大な鯛の船盛りが!
PhotoGrid_1502020669860.jpg
美味しかったです!
お店の方が記念撮影してくれて、色紙くれました!
PhotoGrid_1502020603786.jpg
今日はめちゃ暑かったので、エイト祭あったら今年こそ死人が出てたなと思いつつ帰宅w
平和ってステキ!
posted by ぱらら at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

RevSpeedのDVDがつまらない件

6月号あたりで大井さん編集の付録DVDは終わり、リニューアルされたDVDがついて来る。
なんだかボリュームも落ちてつまらない感じ。
みんモーの時の映像とかRevSpeedアカデミーの映像とか。
サーキット走行に全然カンケーねぇよ。
終いには、昔のサーキット攻略映像、きたよ。
最新の映像、解説頼むわ…
でも、もうダメかもわからんね。
DVD見なけりゃKindleUnlimitedで本は読めるからわざわざ買う必要ないなぁ。
今月号は買わない方向で。
誰かDVDが糞面白いから買えよ!って言われたら買うわw
今までありがとう、RevSpeed!




posted by ぱらら at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

車はトラクションだ!その1

車で速く走るために必要なものは何か?
エイトのようなローパワー車でタイム稼ぐために必要なものは?

一番はタイヤ。
毎年タイムが上がるのはタイヤの進化のお陰だ。
なので、タイヤ代ケチケチしてはいかん!
その時一番いいと言われるタイヤを買うべき。
が、最近ハイグリップラジアルの価格はSタイヤ並みで疲弊している人もいることだろう。
そういう人は是非225CUPへw

二番は何だろう?
オレはサスペンションだと思う。
先ずは車高の調整から。
出来る限りローダウンするんだ!
低ければ低いほど低重心になり有利になる。
1cm違うだけで体感出来るほど変わるんだぜ?
もちろん限界はあるので、限界値はショップに聞くべし。

それ以外は適当に自分の好みの優先順位でチューニングすればよいだろう。

で、次はどうするか?
結局、車はトラクションだ。
どんな鋭い突っ込みが出来ても立ち上がりが悪ければ結局タイムが悪くなる。
クリップで向きが変わったらすぐに全開にしたい。
DSCがオンならすぐに全開にしてもトラクションコントロールが効いてスムーズに立ち上がることが出来る。
しかし、遅い。何故ならマージンが高くタイヤの限界値で加速していないからだ。
ベストなのはタイヤが3%スリップしながら加速しているときだ。
#バリ伝調べ

つまりトラクションコントロールを切ってほんの少しスリップ気味で加速出来ればよい。
オレ様なら出来るはずだった!

実際直線なら出来るだろう。しかしリアルサーキットのタイムアタックでは、横Gや路面の凹凸、カントの終わり付近など不安定要素があり、そこで踏ん張りながら凹凸を吸収し、効率よく路面にトラクションを伝える能力が必要だ。

一番簡単なのは、リアを下げて過重をかかりやすくすることだ。
実際、ぱらら1号機はそういうセッティングだった
STDのマシンにじわじわ離されるのは、実は腕の差ではなくトラクションの差だったのだ!

さて、ぱらら2号機はどうやって1号機のようなメカニカルグリップを獲ればよいのか?
コーナーの加速を誰よりも速くしたい!
みんな、そうだろ?
そこでオレは、、、

ピンポーン、おや、誰かが来たようだ。
ちょっと待っててもらえるかな?

続く

posted by ぱらら at 00:11| Comment(0) | チューニングプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする