2017年04月10日

4/8エイトリアンカップ@SUGO-衝撃の結末!

今年は仕事がめっちゃ忙しくて、いけるか微妙でしたが、休日出勤土日してがんばったので、
金曜日は会社休むことにして、前日練習から参加してきました。

1回目はれじさんのお供で、スタッフ役。ダースベーダーも登場!
2回目は初走行で、L.E.D君に負けてしょんぼり。

●前日練習
練習走行は、勝負タイヤにうんこーがついたらいやなので、NS-2Rで一人225CUPしてきました。
タイムは、携帯のGPS計測で45秒フラット。あとでPerformance Box調べだと45秒8でした。
まぁこんなものですかね。
まずはタイムより人間のリハビリが大切なんで、、、
PhotoGrid_1491715932979.jpg

GTウイング忘れないようにと意識していたら、フロントカナード忘れる事案発生w
SUGO向けの秘密兵器だったのに、、、くそう。

●夜のエイトリアンカップ
練習走行会後は、なんちゃら温泉へ。急な参加でしたが青のエイトさんの部屋にヨシフミさんと一緒に相部屋してもらい事なきをえました。いつも悪のエイトさんとかいってすみませんw
7時くらいから9時ごろまで続き、メッサ盛り上がりました。矢田部組の食欲に脱帽。次の日も量がすごかったけどw
とっくりセーターのL.E.D君、次の日もとっくりセーターですたw
とっくりセーターということばがすでに死語でしたw川崎に徳利という飲み屋があります、これ豆な。
PhotoGrid_1491716512871.jpg

PhotoGrid_1491716168131.jpg

部屋に戻り、部屋のみ。青のエイトさんが悪酔いして、悪のエイトに変身。
声でかい、暴れる、物音たてるで危うくエイトリアンが殴り込みに来るところだったわいw
やっぱり青のエイトさんは悪のエイトさんだった事件w

●本番1本目
準備時間が少なく、カメラも、GPSロガーの設定も忘れていたけど、気温も前日より低くいい感じ。
と思っていたら雨が、、、(´・ω・`)
空気圧高めにセットアップして出撃!セミウェットだった。
タイム
 1分52秒240
全体7位、エキスパートクラス5位(最下位)
エクスパートクラスはオレ以外全員05Dなので、セミウェットだと全然歯が立たない。
タイム差6秒くらい。圧倒的ですわぁ。

●本番2本目
カメラもGPSロガーも設置したのに、カメラの電源ONを忘れるw
なんかいろいろ忘れ始めて、ポンコツぶりがひどいがヨシフミさんにはかなわない。
セブンイレブンでNANAKOチャージ後、行方不明に。店員にここに落ちてますよ指摘されたり、
オレが宿代建て替えたので、払ってもらった後1時間もしないうちに、宿代払ったっけ?と忘れてしまったり、、、
エイトつながりで出会ってもう10年以上、20年後はボケ老人会になること間違いないわw

雨は上がり、なんとドライに!ヒャッハー!
2周目に待望の39秒8が!
その後アタックを続け、最終周にベスト更新!
タイム:
 1分39秒313
全体4位 エキスパートクラス2位

また、青のエイトさんに負けちゃった、でも、L.E.D君には勝ったのでリベンジ達成!w

●オートテスト
マツダのイベントなので、ちょっと参加してみた。
エイトリアン、ヨシフミさん、青のエイトさん、
アクセラで、ジムカーナっぽいコース、バックの車庫入れがあるのが特徴。
これでタイムを競う。
とりあえずコーヒーをかけてタイム勝負
やる気満々の3人(写真左下)→勝負後どよーんな青のエイトさん
PhotoGrid_1491715801627.jpg


1位はヨシフミさん、2位エイトリアンさん、3位ぱらら、4位青のエイトさん
タイムは40秒前後なのだが、青のエイトさんが32秒でダントツトップ!
なぜならパイロン一回転忘れて直進。同乗のプロドライバー曰く
「えっ、こんなスピードで曲がれるの?初めての体験だったよ」
実際には曲がらずに直進したわけだがw
スタートラインに立てずに撃沈となりました。

●本番3本目
少し気温が上がってきたので、3周くらいしてして終わりかなという感じ。
今回は忘れずにカメラON!今更だが助手席も外して、最後のてこ入れw
3周もすると2速にシフトダウンできなくなるので、急いで3周中でタイム出したいところ。
というのもあってちょっと気負いすぎた結果、、、
アタック1周目、最終の1つ手前のSP-OUTのコーナーで痛恨のコースアウト。
ちょっとオーバースピードだったけど、ロガー見ると曲がれない速度ではなかった。
予定より外に1メートルほど膨らんでしまい、あばばばと思いながらゆっくりコースに戻ろうとしたら、
いい感じにコースに戻れたが、実は戻れたんじゃなくてまだスピンモード中。コース復帰した直後にブレーキ踏んでグリップ回復させるべきだったのだけど、反応遅れて(だってリアルじゃ初めての体験だったし)気が付いた時には手遅れでイン側のタイヤバリアにめがけて一直線、、、、あばばば、当たる!
まだ、宝くじ当たってないのに〜うわ〜やめて〜
 「ゴーン」
左のライトが斜め30度くらいでヒット。その後左半分、全部ヒット。その後90度回転してストップ。
やっちまったぜ、、、
エンジンはかかる。生きてる。とりあえず、アタック中の人たちが一通り通り過ぎるのを待って、少しバックして車を移動。
タイヤバリヤがなくなるあたりまで移動できた。ここら辺なら万が一の二次衝突、回避できるだろう。
そのまま走って帰れる気がしなかったのでここで止めて救助待ち。
どうか、赤旗になりませんように!
ガードレールの外に出て、待っていると救助来たので乗って帰った。
まずは車の回収待ち。その間ずっと、やっちまったぜ、、、全損かも。
あーあ、全損だったらR31に乗り換えるか、、、とか、iRacingであのパターンのリカバリ方法わかっていたのに実践できなかったわとか、そんなに無理する必要なかったのに、、、とか後悔することしきり。
頭抱えること数度、、、
車帰ってきたとのことで、見に行ったら、、、左側全損だった。
タイヤにボルト刺さっている、うわーん!
PhotoGrid_1491715199880.jpg
PhotoGrid_1491715286454.jpg

クラッシュ前の雄姿
PhotoGrid_1491751076419.jpg

うわーん、リョーケンさん、ごめんなさい〜!
自走は無理かと最初思っていたけど、細部をチェックすると、タイヤ交換すれば少なくともピットには戻れそう。
するとM崎くんが手伝ってくれて、工具とタイヤをもって再度エイトのもとに戻り、チェック。
泥とグラベル、芝生を落とし、タイヤ交換してピットに移動。
ハンドルは、ほぼまっすぐ、異音なし、まっすぐ走る。

ピットでさらに詳細チェック。
ライト、ウインカー点灯可能。これなら夜も走れる!
タイヤを全部交換して、割れたフェンダーやライトをガムテープで補強。
なんとか自走で帰れそうだわ〜、、、ふぅ、ちょっとラッキー!

●表彰式
レースクイーンのさきちゃんがかわいくて視線釘付け。
リアルだともうちょっとやわらかい表情で、萌え萌え。そんなおっさんばかりのエイトリアンカップ表彰式。
イベントステージが盛り上がる、盛り上がるwちょっとお下品ですが、いつものことなので大目にw
PhotoGrid_1491715358913.jpg
ピースサインをしているのはスレンダー軍曹↑

●ロガー解析
去年よりベストは1秒アップ
走る度に速くなる!が、事故っちゃ意味がない(´・ω・`)
赤:RE-71Rベスト
青:NS−2R 225 45秒台
WS000005.JPG

赤:RE-71Rベスト
青:去年のタイムとの比較
ストレートの伸びがいいね!
WS000006.JPG

●最後に、、、
M崎くん、ikuji-さんが手伝ってくれてタイヤ交換、ガムテープで養生できた。ありがとうございました。
メカニカルチェックは、リアルテックのはまちゃん、してくれました。また持っていきますので足回りの点検、調整お願いします。ありがとうございました。
荷物の積み込みその他諸々、れじさん、青のエイトさん、Keroさん、ヨシフミさん、お手伝いありがとうございました。
ご参加の皆さんには、ご迷惑、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
m(__)m

帰りは牛タン食べて、80kmでゆっくり帰宅。
那須高原まで、Keroさん、ヨシフミさん、れじさんが付き合ってくれて、、、何かあったら救助できるように。
羽生までは、れじさんが付き合ってくれて、、、
都度、ナットのゆるみがないかチェックしつつ。ほぼほぼ問題なかったので、最後の50kmは一人でも怖くなかったよ〜

体の方も痛いところもなく、大丈夫なようです。HANS系デバイスはやっぱりつけていると安心ですね。
家族にも、金は出すからクヨクヨすんなよと励まされたこともあり、気分的にはもう復活w
修理のためにヤフオクで部品を物色中ですわw
外装は安く治せそうだけど、足回りのダメージがどうかな?
1本4万5千円もするタイヤにボルトが刺さっていたのがイタイな。来シーズンのタイヤどうしようか?

RE龍さん、
無事に帰って来いよと言われたけど、無事じゃなかったし、お土産も忘れたわ、スマンw
昨日、新しいキャタライザー届いていたので、交換終わったら、アレ、返却するね!
いろいろありがとう。
ドア交換とか経験したかったら教えてくださいw

無事に終わらなかったけど、エイトリアンカップ、まぁまぁ最高やでw

posted by ぱらら at 02:34| Comment(0) | エイトリアンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: